私が飛行機に乗らない理由


旅行や出張などで長距離を移動する際、移動手段として飛行機または新幹線が挙げられると思います。飛行機も最近は早割などのおかげで大分安くなり、利用もし易くなったと思います。東京から九州などでも2時間程度で着きますし、飛行機を選択する人も多いのではないでしょうか。

ですが、私は仮に九州までの出張だとしても、絶対に新幹線を利用します。交通費として計上できる額の上限を超えていた場合、自腹を切ってでもです。

その理由として、飛行機の場合乗っている時間は少なくても搭乗前や後でなんだかんだ時間がかかりますし、空港は都市部から離れていたりするので総合的に考えると「そこまで早くない」からです。空港へのアクセスも最近は良くなってきていると思いますが、東京駅から乗れる新幹線には勝てません。

新幹線は本数も多いうえに、仮に指定券を取った列車に乗り遅れても、その数分後にある別の列車の自由席に乗ることができます。飛行機はそうもいきませんからね。EX-ICに申し込んでおけば発車の数分前まで列車の変更、席の変更が利きますし、利便性はピカイチです。それに私は喫煙者ですので、喫煙コーナーがあるという点でも新幹線のほうが助かるのです。

海外や北海道に行く場合は飛行機に乗らざるを得ませんが、こういった理由で私は飛行機に乗りません。それに、万が一事故が起きた時も、飛行機はどうしようもありません。安全面や利便性の関係で、これからも新幹線を利用し続けます。